FC2ブログ

Arahabaki Institute of Architecture




  アラハバキ建築研究所
   http://www.arahabaki.net  e-mail:arahabaki_k@ybb.ne.jp
      TEL:0172-89-1855               FAX:0172-89-1856   

Q&A





   ・・・Q&A・・・


Q1. いきなりですが、相談は有料なんでしょうか?

A1. 
勿論、最初から料金を頂くようなことは、していません。
まず最初に、色々とお話をさせて頂きます。
それで宜しければ、建物の計画案(図面と模型)、概算工事費、それから設計監理料の見積書を作成します。
その案を元に、1回目の打合せをさせて頂きますので、あなたのパートナーとしてふさわしいかどうか、判断してみて下さい。
そこでお互いに合意が出来ましたら、設計作業を進め、設計監理契約を結びます。
第1案までは無料で対応しますすから、気軽に何でもご相談下さい。
でも、例えば既存建物の現況調査に、多大な労力が必要となる時など、どうしても無料で計画案を作成するには、無理な場合もあります。
その様な場合は、あらかじめ費用の事などお話ししますので、宜しくお願いします。

-----------------------------------------------------------

Q2. 安心しました。
   実際には、設計の作業はどんな流れになるんでしょうね?


A2.
大雑把に言って、基本設計 → 実施設計 → 施工者選定 → 工事契約 → 監理 という流れになります。
基本設計とは、設計条件を整理して、間取りや空間の構成を検討していきます。
施主の夢を、大きく膨らませる大事な作業ですね。
何度も施主と打合せをして、細かい所も徐々に煮詰めていきます。
構造や仕上・電気設備・機械設備も、平行して方向性を決めていきます。
実施設計とは、内容をさらに煮詰め、建築確認申請を出したり、施工会社に見積を依頼し施工するための、詳細な図面を作成する作業のことです。
先日竣工した住宅の場合ですと、A2版で65枚になりました。

-----------------------------------------------------------

Q3. そんなに図面を書くんですか?
   全部自分の所で?


A3.
但単に枚数を増やしたいのであれば、余白を広くしたり1枚で表現できる内容を2枚に分けたりすれば、簡単にできる事です。
或は、メーカー既製品の詳細図データーをダウンロードして、それをそのまま図面化すれば、やはり、簡単に図面枚数を増やす事が出来ます。
しかし、問題は図面の枚数ではなく、図面の内容や密度だと思っています。
図面を書くにあたって、どれだけ悩み考え、どれだけ葛藤したかだと思っています。
我々の考えた量は、建物の質となって現れてくると思っています。

それから、電気設備や機械設備は基本的な所を検討して、専門の協力事務所に、詳細な検討や図面をお願いしています。
暖房や換気の詳細な計算等も、やって頂いております。
構造は、鉄骨や鉄筋コンクリートであれば、構造計算と構造図を、専門の協力事務所に依頼しています。
木造も、特殊になれば、構造計算を依頼していますね。
それから、ただ単に協力事務所にポンと投げるのではなく、お互いに大きな所から細やかな所まで検討を繰り返し、建築としての完成度をより高めていくための努力を、積み重ねています。
それに監理の時にも、さらに内容を煮詰めた図面を書いているんですよ。

-----------------------------------------------------------

Q4. へー! それで? その後はどんな作業になるんでしょうか?

A4.
施工者の選定、つまり、実際にその建物を施工して頂ける会社を、選定する作業に入ります。
具体的には、信頼できる施工会社を対象に、実施設計で作成した図面を元に、見積り合せを行ないます。
予算内で納まって、施工会社としてしっかりしていている所が見つかれば、工事契約を締結します。
見積りによっては、設計内容を見直します。
この作業と並行して進める事が多いのですが、実施設計が終わった段階で検査機関に確認申請を出して、法的に問題がないかをチェックして貰います。
建物の種類によっては、消防や保健所など、多岐にわたる事もあります。

着工後は、我々の作業は、監理と言う段階に進みます。
監理とは、建設会社が本当にキチンと施工しているかどうかを、設計者として監理したり、設計内容の細かい所まで意見を出し合って再検討し、最終確認する作業です。
監理とは、図面通りの建物が出来るかどうかを、設計者として確認する事だと思っている方が多いようです。
しかし、我々の考えている監理とは、図面よりもっと良い建物を創るための、大事な作業だと考えています。
計画案が良くても、建物としての完成度が低いと、どうしようもありません。
ですから、建物が竣工するまで、気が抜けないんですよ。
勿論、最後にメンテナンスという大事な作業が残っています。
それから、敷地選びの段階から係わる事もありますし、事業計画の段階から係わる事もあります。

-----------------------------------------------------------

Q5. それでは、設計監理料はどの位になるんですか?

A5. 
建築の種類により、設計監理の難易度は大きく異なります。
倉庫のように大雑把な建物から、住宅のように細やかな建物まで色々ありますので、一概に言えません。
面積によっても、作業量は異なってきます。
しかし、面積が倍になったからと言って、作業量が倍になると言う訳ではありませんから、設計監理料も倍にはなりません。
いずれにしましても、上記のQ&Aで述べましたように、計画案を作成した時に設計監理料を算定し、見積書も提示しますので、総合的に判断して頂ければと思います。
それから、設計料を高くするために、故意に工事費を吊り上げる事にもなりかねませんので、工事費に対して何%というやり方はしていません。

-----------------------------------------------------------

Q6. でも、設計施工の場合、設計料は出てきませんよね。

A6.
騙されてますねー。
表に出てこないだけで、実際には工事費に上乗せしているだけですよ。
たとえ設計施工であっても、自分の設計内容には充分価値が有ると、自信を持って言えるのでしたら、堂々と設計料を提示していいと思うんですがね。
しかし、実際には、ほとんど表に出てきません。

既製のプランの中から、どれかを選ぶような設計であれば、設計料はいらないでしょう。
あるいは、オリジナル性のない、どこにでもあるような建築の場合も、設計料を請求するのに躊躇するかもしれません。
しかし、「造る」と「創る」は根本的に違います。
施主が思い描く夢を、独創性を持った世界にたった一つの理想形に創り上げるためには、充分な思考と膨大な作業量が必要となります。
設計料は、その思考と作業を確保するために必要なものだと言う事を、理解してください。
それに、いい物を安く創りたければ、我々のような設計事務所に依頼した方がずっと徳ですよ。

-----------------------------------------------------------

Q7. 本当ですか・・?

A7.
設計施工の場合は、仕事さえ確保すれば、後は出来るだけ安く仕上げて、利益を確保しようとします。
そのことが、手抜きや欠陥の原因になっているのは、明らかです。
勿論、無知から来る手抜きや欠陥もあります。
しかし、工事費を押える為に、人件費の安い無知な人を現場担当にしていたり、職人任せで施工している事が原因ですから、根は同じです。

それから、設計施工であれば、工事内容を細かく確認しておかないと、後から「これは見積りに入っていません」と言うような事が、沢山出てくるでしょうね。
「草刈りは契約に入っていません」と言われ、着工前に自分で草を刈った人もいました。
施工会社に、足元を見られていますよね。
それに、最初から見積りに入っている物は、仕事を取るために大きく値引きします。
しかし、契約後はどうしても、施工会社のペースになってしまいます。
後からの追加(オプション)や変更は、ほとんど値引きをしないで、そこで利益を確保していると言う話は、よく聞きます。

-----------------------------------------------------------

Q8. なるほどね。


A8.
先日ちょっと相談された話だと、最初の契約金額は普通だったのですが、工事中や竣工後の追加、追加で最終的に倍近い値段になったらしいですね。
この例では、追加で儲けるために、最初は最低限の内容で契約したのではないでしょうか。
それに、最初から施工に入っているのが当たり前のような物まで、追加請求をしていましたから、呆れる話しです。

どうですか? このような事のチェックは、一般の施主にはとても無理ですよね。
騙されて当たり前です。

-----------------------------------------------------------

Q9. 「安くしておきますよー」という言葉に、人間は弱いですからね。

A9.
それからもう一つ、築15年の家をリフォームした時の例ですが、その家は変な平面をした、無駄の多い、とても使いにくそうな家でした。
それで、施主に聞いてみたのですが、施主が「ああしたい、こうしたい。」と言ったものを、「はいはい、出来ますよ。」と、たいした検討もせず、そのまま図面化してしまったそうです。
気がついたら契約をさせられたそうで、施工者からのアドバイスは、一切なかったとの事でした。
つまり、「造る」はあっても、「創る」はなかったと言う事です。
出来てしまってから気がついても、後の祭りです。

自由設計で、施主の好きなように建てられると聞けば、とても耳障りがいいのですよね。
でも、考えてみれば、建築に素人である施主の考えている事には、どうしても限界があるはずです。
二次元の平面は考えられても、三次元の立体までイメージするのは、どうしても難しいでしょう。
それに、自分の今までの生活体験から抜け出したような空間は、やはり、それなりの訓練を積み重ねた人間でないと、無理があると思います。
施主は、生活のプロではあっても、建築のプロとは言えません。
生活のプロである施主の夢に対し、建築のプロである建築家が具体的な空間を提案し、さらに二人三脚で理想の建築に育てて行くと言うのが、最良のプロセスだと思います。

-----------------------------------------------------------

Q10. 具体的には、どのようにしていくのでしょうね。

A10.
使いやすい建物にするには、コツがあります。
それは、今持っている家具や、これから買う予定の家具、それに施工に含め造り付けにする家具を、一つ一つ平面に書き込んでみる事です。
家具を考えれば、そこで行われる具体的な生活や行為がイメージできます。
家具に合わせ、平面を変えたり、窓やドアの位置をずらす事は、よくある事です。
空間の具体的なイメージも、段々浮かんできます。
でも、そのような「設計作業」は、はたして設計施工でも期待できますでしょうか?
住宅展示場を見に行っても、施主持ち込みの家具はおかれていませんから、この差は分かりにくいと思いますが、とても大事な事です。

それから、敷地や建物に、無駄な部分や使いにくい所は無いですか?
折角の空間が、居心地悪くなっていませんか?
もしかしたら、もっと気持ちのよい建物になったかも知れないと、思いませんか?
結局は、高い買物をしていませんか?

-----------------------------------------------------------

Q11. そうですよね。
   まさに、安物買いの銭失いじゃないですか。


A11.
それから、坪単価にも惑わされない事ですね。
ハウスメーカーでも、いわゆる坪単価を抑えて、色々な物を別途や付帯工事として分けているケースが、ほとんどです。
例えば、照明器具や外部の給排水、ガス、カーテン・ブラインド、キッチン、ポーチなど、建物として絶対必要な物まで別枠にして、坪単価に含めないでいる事が多いので、気を付けなければいけません。
私の場合は、特別に高価な照明器具や暖炉や、軟弱地盤などのように特殊なケースでない限り、分けて考えませんので安心してください。

-----------------------------------------------------------

Q12. それは心強いですね。

A12.
もう一つ、住宅メーカーのことで、注意しなければならない事があります。
それは、TVコマーシャルやチラシなどで宣伝されている仕様と、実際の仕様は、大きく異なる場合が多々あると言うことです。
先日、某大手ハウスメーカーの住宅の図面を、見させて頂きました。
その会社は、とても立派な断熱を行っているように、コマーシャルしているところです。
しかし、図面では一般の大工さんが、普通に行っている断熱仕様と同じでした。
その程度の仕様でもやっているのかなと思い、ホームページを調べてみましたが、「立派な断熱」は見つける事が出来ましたが、「普通の断熱」は見つけることは出来ませんでした。
コマーシャルと実際にやっている事とは、まるで違うと言うことがハッキリ分かりました。

それと、いわゆる条件付きの土地というのも、問題が多いですね。

-----------------------------------------------------------

Q13. 施工会社が決まっている、土地の事ですか?

A13.
施主はその土地に住みたい、でも施工会社はそこにしなければいけない、というのは不自然ですね。
施主が、その土地に自分の思う通りに自由に建てたいという願いを、踏みにじっていますからね。
その土地の自由な経済活動を妨害し、1社のみの設計施工に限定している訳ですから、ある意味、独占禁止法に違反するのじゃないのか、と思いますがどうでしょうか。
土地と建物は、分離させるべきです。
それに、土地という絶対的な条件を持っている施工会社が、最初から施主に対し優位な立場にありますよね。
土地の価格は、競争の原理が働いているかもしれませんが、建物の価格は独占的ですから、競争の原理が働かないのは明らかではないでしょうか。

実際、そのような建物をリフォームした事がありますが、全く使い勝手の悪い建物でしたね。
その建物は、素人である施主が言った事をそのまま平面にして、後は施工会社が勝手にどんどん進めてしまい、あれよあれよと言う間に建物が出来てしまったと言う事でした。
途中で、何か口を挟んでも、「これでもう進めていますから」と言う事で、施主の言う事を聞いてくれなかったらしいです。
これでは、使いにくい建物になるのも、当たり前ですね。
しかも、材料等は普通の物なのに、ビックリするような坪単価でした。
高くて、使いにくい。
最悪ですね。
消費者保護の面からも、問題があると思いませんか。

-----------------------------------------------------------

Q14.  そんなところで自由を束縛されるというのは、確かに問題ですね。
   しかも、そんな状況で私たちの懐まで痛んむというのも、嫌ですね。
   ところで、施工会社は決まっているんですか?


A14. 
私の場合、特に決めてはいません。
それに、施工会社に対し自由な立場でいなければならないと、考えていますから、施工会社のいわゆる下請けも一切行っていません。
実施設計の図面が出来上がった段階で、その建物に適切な施工会社を数社選択し、見積り合せを依頼します。
基本的に、その中で一番安い見積金額の施工会社を、施主に推薦します。
価格面で問題がある場合は、色々と交渉します。
最初は値引き交渉し、必要であれば設計変更をして、予定価格に合わせるようにします。
お互いに合意した場合に、我々も含めた三者で契約を交わし、そして着工します。
ただ、特定の施工会社にお願いしたいというような要望がありましたら、相談に応じますのでお話しして下さい。
専門業者やメーカーについても、同じです。

-----------------------------------------------------------

Q15. 見積り合せ、ですか?

A15. 
入札ですと合計金額だけの競争ですから、本当に見積もりしているのか、分からないですよね。
見積り合せの場合は、内訳書も出して頂きます。
内訳書の中には材料の数量や単価なども銘記されていますので、真面目に見積りをしているかどうかも確認出来ます。
丼勘定でしたら、後々困りますよね。
それから金額ですが、高い施工会社と安い施工会社を比較したら、75%位の差が出たことがあります。
金額にして、ほぼ1億円でした。
これは極端な例ですが、大体は20~30%位の差は出ますね。

-----------------------------------------------------------

Q16. ええっ? そんなに差が出るんですか?

A16.
そうですね。
同じ図面から見積りしているのに、ビックリですよね。
建設費は、値段があってないようなものだとよく言われますが、本当にそう思います。
でも見積り合せは、細かい事まで明記した図面と仕様書がキチンと揃っているから、出来るんですよ。
それが曖昧な状態で、見積り合せをしても、どのような建物が出来るのか、まるで分かりませんね。
A社とB社で、使用する材料が違っていたら、まるで比較になりません。
見積りが安いからと言って、安かろう悪かろうでは困ります。
見積り合わせは、良い物を安くつくるための最適な方法だと思っています。

-----------------------------------------------------------

Q17. それじゃ、監理もするんですね?

A17. 
勿論、ガッチリ監理します。
欠陥建築としないためには勿論ですが、建築としての完成度をさらに高めるためにも、当然必要なことです。
規模の大小に関わりなく、最低でも1週間に1度、現場で綿密な打合せを行います。
その他、工事の進捗状況に合わせ、しつこい位に施工状況の確認や打合せを行います。
そうすることで、お互い納得のいく、使いやすくて心地よい建物が出来ます。

ただ、常時、現場に付いているわけでは、ありません。
たとえ24時間付いていたとしても、全ての職人の動きを監視出来るわけでも、ありません。
しかし、必要な時にキチンと現場を見て廻れば、職人はその期待に応えようと、真面目に施工してくれるようになります。
信頼しながら、見るべき所はしっかりと見る事が大事だと思います。

人間は、信頼されると、それに応えようと、丁寧な仕事をするようになりますよね。
しかし、時には、首を傾げたくなるような事が、あるのも事実です。
残念なことに、人間がやることですから、全てを信用する事は出来ないと思っています。
(最近、建材等についても偽装やら何やらが次々と明らかになりました。一体何を信用したらいいのだろうかと、真剣に悩みますね。)
問題と思われるような事は、悪意とまでは言わなくても、無知による物や、この位はいいだろうと思う慢心から来る物もありますね。
ですから、職人一人一人の腕は勿論の事、建築に対する愛着と真摯な態度が、非常に大事になると思います。

設計でも施工でも、大小の問題(普通であれば問題と感じないような問題も含めてですが)は、多数派生します。
その問題を繰り返さない努力を続ける事と、問題が派生した時にどう対処するかが、その建築と建築家の価値を決めると思います。

-----------------------------------------------------------

Q18. その姿勢は大事ですよね。
   私たちの大事な建物を託すのですから、ガッチリ監理して頂きたいですよね。


A18.
そうですね。
私の施主は、いわゆる施主だけではなく、建物も施主だと思っています。
ですから、「施主が満足すればそれで十分」とは考えていません。
建築としてキチンとした物を建てないと、建物と言う施主に申し訳ないと思っています。
その事が結局は、本来の施主の利益にも直結すると思います。

実は、もう一つ施主が居るんですよ。
それは、社会ですね。
地域社会に、スムーズに受け入れて貰えるような建物を、いつも考えています。
そのような建物は、施主にとって大きな財産になると思います。

-----------------------------------------------------------

Q19. 施主がいっぱい居て大変ですね(笑)。

A19.
確かに大変かもしれませんが、建築家にとってあまりにも当たり前の事ですからね。
当然です。

脇道にそれて、監理の話が途中になってしまいました。
以前、鉄筋コンクリート構造の大きな建物の一部を、リフォームする仕事をした事がありました。
最初に古い内装を撤去し、コンクリート構造体をむき出しの状態にしてみたら、あまりにもひどいコンクリートでビックリ仰天、ただただ唖然としてしまいました。
あっちを見ても、こっちを見ても、ジャンカだらけ。
(ジャンカとは、コンクリートがきちんと充填されていなくて、雷おこしのようなボロボロの状態を言います。)
それから、タバコの吸い殻や空き箱、それに空き缶まで、コンクリートの中に多数見えました。
あきれます。
ジャンカが出来たり、異物が混入したりするのは勿論ダメな事です。
しかし、一見すれば分かるような不良箇所を、補修もしないでそのままにしておくのは、輪をかけて無茶苦茶な話であり、まるで話になりません。
これでは、構造としての強度が十分発揮されませんし、外壁であれば雨漏りの原因にもなります。
欠陥建築であるのは明らかです。

-----------------------------------------------------------

Q20. それはあきれた話ですね。

A20.
設計も施工も、全国レベルで名の知れたいわゆる大手でしたが、まるで監理をしていなかったのか、あるいは、顔についているのは節穴だという事でしょうか。
この事からも、大手だからといって決して安心は出来ないという事と、監理がいかに大切かという事が解るかと思います。

このような事にならないよう、構造に関する部分や、仕上げで隠れて見えなくなる所など、大事な部分については特に入念に確認しています。
施工後、写真で確認するのは気休めにしかなりませんから、現場に足を運び自分の目で直接確認していますので、安心してください。

-----------------------------------------------------------

Q21. 安心しました。
   ところで、ローコストの場合でもやっているんですか。


A21.
勿論です。
今までやってきた建物のほとんどが、ローコストな建物だと思っています。
ただ注意して欲しいのは、イニシャルコストを抑えても、後々のランニングコストや、メンテナンスコストが大きく膨らんでは意味がありません。
それに、建物としての快適性が犠牲になってしまったら、何のために建てたのか分からなくなってしまいます。
しっかりした物を造ると言う事を大前提に、総合的にローコストな建築をいつも追求しています。

それから、極端な例ですが、安売り大量生産のファーストフードと、精魂込めて作られた手料理の値段を、比較するような事は止めましょうね。
全てを吟味しましょうとは、言いません。
しかし、全てを安かろう悪かろうにするのは、やめた方がいいと思います。

-----------------------------------------------------------

Q22. それは確かに、比較の対象にする方がおかしいですよね。
   それから、建てた後のコストも、十分考える必要がありますね。


A22.
そうですね。それを踏まえて、なおかつローコストを追求した方が良いと思います。
いつも心掛けているのは、無駄をなくする事ですね。
床面積が、コストに一番ストレートに、跳ね返ってきます。
無駄な空間を造らず、狭いけれども使い勝手もよく、広く感じられるようにすることは、建物を設計する上で一番の基本ですね。
その他の無駄な物としては、意味のない凸凹、邪魔な壁や建具、過剰な装置や設備等々、色々考えられます。
例えば、考えた人はよいデザインだと思っているのでしょうが、第三者からみると無駄にしか見えない事がよくあります。

無駄を省きながら、もっと本質的な所をデザインするという事が大事だと思います。
それから、和室に当然のように付いている床の間も、後で物置になっている場合がよくあります。
本当に必要な物かどうか、施主と一緒に考える必要があると思います。

-----------------------------------------------------------

Q23. そうだっ! 無駄は、どんどん削って行くべきだっ!!!

A23.
あまり単純に、考えないで下さい。
極端ですが、「大人の遊びは、何の役にもたたないから、楽しいんだ」と言う人も居るくらいです。
建築で言えば、庇や縁側のように一見無駄な様ですが、実は非常に有意義な物もあります。
そのようなものはキチンと見極めながら、極力大事にしていきたいと思っています。
それから、自然の力=太陽や風や地熱などを出来るだけ取り入れる事も、大事だと思います。
無駄な物を造らず、現在あるものを有効に活用する事が、一番のローコストだし、エコロジーへの一番の近道ですね。
でも、これから建てようとしている建物が、本当に必要なものなのかどうか。
もしかしたら、それが一番の無駄かも知れません。

-----------------------------------------------------------

Q24. そうですよね。
   後で建てなきゃよかった、なんて事になったら辛いですよね。


A24.
幸いそんな事はありませんが、もしそうなったら、これ以上悲しい事はないですよね。
それから、ローコストとして心がけているのは、安くてもしっかりした材料を使うとか、職人の種類を減らすとか、大事ではない部屋の仕上げは省略するとか、合理的な設備や構造にするとか、きりがない位いっぱいありますね。

例えば、2階の床や屋根の構造を現しにする事がよくありますが、これだってローコストの意味もあってやっている事です。
こうすると、天井仕上げが要らなくなるし、上の階の床板までが天井として使えます。
その分、全体の高さを低く抑える事も出来ます。
高さを抑えれば、外壁の表面積=仕上げ面積も減るし、必然的に逃げる熱も減ります。
勿論、階段の上り下りも楽になります。
壁や天井の構造を現しにしているのも、同じ様な理由ですね。

もう一つ、総合的なローコストとしていつも考えているのは、建物の寿命を長くする事ですね。

-----------------------------------------------------------

Q25. 折角建てる建物ですから、長く使いたいですよね。

A25.
ローンが終わった時が建物の寿命だったら、ガッカリですよ。
欧米に比べ、中古住宅の流通が少ないのも、建物の寿命が影響していると思います。
木造でも法隆寺のように長持ちさせる事が可能なのですから、せめて50年位は使い続けたいですよね。

木造であれば、一番怖いのがシロアリや水による腐れです。
その為の対策として、床下に、全面防湿コンクリートを敷いています。
土台には、腐りにくい青森ひば等を、使用しています。
特に腐りやすいのはお風呂廻りですので、タイル貼りの場合には、ビルの屋上と同じような防水を施してから、仕上げをしています。
外壁にサイディングをあまり使わないのは、コーキングが切れて雨水が浸入する可能性があるというのも理由の一つです。
外壁の左官も同じように、クラックから浸水する可能性があるので、慎重に検討する必要があります。
ローコストだからといって、安かろう悪かろうではいけません。

それと、建物の寿命に一番影響があるのは、その建物がみんなに愛されているかどうか、かも知れません。

-----------------------------------------------------------

Q26. なるほどね。 
   愛されている建物は、何としてでも残したいですものね。
   話しは変わりますが、建築を設計する時、特に大事にしている事はなんですか?


A26.
建築は、実際に人が長い間住んだり使ったりする物です。
一度建ったら、簡単に壊したりする事は出来ません。
ですから、一ヶ所でもおかしな所があってはならないと思っています。

おかしな所というのは、二種類に分けて考えると、分かりやすいと思います。
一つは、当り前の事ですが、建築として求められる基本的な性能が、十分満たされているかどうかですね。
例えば、雨が漏ったり、雪で壊れたりするようなら困ったものです。
そうならないように、絶えず目を光らせる必要があります。

-----------------------------------------------------------

Q27. それは大事ですね。もう一つは何ですか?

A27.
もう一つはですね、悪い所をなくする、と言う事です。
これも大きく分けて、二種類あります。
解りやすい例で言えば、使いにくい部屋、心地よくない空間をなくすると言う事とですね。
昼間から照明を付けなければいけないようなリビングは、生活するのが嫌になりますよね。
玄関のすぐ脇にあるトイレは、お客さんが来た時に困りますよね。
基本的に、空間は機能的でないと、どうしようもないと思います。
所が、この当たり前の事が守られていない建物が非常に多い。
困った物です。

もう一つは、見せたくない物は隠すと言う事、など等です。
人目に付く所に、オイルタンクやエアコンの室外機があったら、興ざめですよね。
画竜点「睛」ならいいのですが、画竜点「雨」になったら、話しになりません。
ただ、見せたくない物を何かで隠す事で、解決できればいいのですが、多くの場合はどうでしょうか。
頭隠して尻隠さずであったり、「デザイン」する事で隠したい物がさらに強調され、邪魔な存在になってしまっている等等、困った現象があちこちで見られます。
エアコンは、中機も外機も、本来目隠し等で囲えば、その分性能が落ちる事がありますので、目隠しをしない方が良いんですよ。
そうなれば、特に置き場所には、細心の注意が必要になりますね。
隠したい物の丁度良い置き場所を、早い段階でしっかり考えるという事が大事になってきます。
私の場合は、基本設計の段階から、そのことは十分意識して考えていますね。
そうすることで、建築としての違和感が、一つ一つ消えていくと思います。
確かな建築を創る。
その為に、当たり前の事を当たり前に実践し、一つ一つ丁寧に設計し監理する事を心掛けています。

-----------------------------------------------------------

Q28. なるほどー。  地味ですけど大事ですね。

A28.
ただ、確かな建築と言うだけであったら簡単なのですが、それだけで良いはずがありません。
建築には、人々に感動を与えるような、何か心地よい=あずましい空間が必要だと思っています。
しかし、心地よい空間は、簡単には生まれません。
様々な角度から検討を繰り返し、思考することが必要です。
たとえば、その空間性・視覚性は勿論ですが、空間を満たす光、窓から見える風景、肌に感じる空気の動きや温もりに湿度、手や足に感じる肌触り、音や臭い、さらには皆さんが主役となって行われる様々な「コト」も、空間を構成する大事な要素と考えています。

確かな建築で、しかも心地よい空間。
片方だけであれば簡単なのですが、両方を追求しなければならないのが、建築の面白い所であり、奥の深い所です。
しかし、欲張りなことに、二兎を追って、二兎とも得ようとしているのですから、大変な難産になることも多いんですよ。
でも悩んだ分、出来上がった建築は、総合的により心地よい=あずましい物になっているような気がしています。
考えた量は、建物の質に現れてきます。
苦労をしても、施主に喜んで頂ければ、私たちにとって最大の喜びですね。
第一に、確かな建築を創ると言う事、第二に、心地よい空間を創ると言う事。
この二つのレベルを上げる事で、建築としての完成度がぐっと高くなると思います。

-----------------------------------------------------------

Q29. そうですよね。
   私も、確かで心地よい=あずましい空間に住みたいですね。


A29.
折角、建物を建てるのですから、簡単に考えず、じっくり腰を落ち着けて考えたいですね。
建築は、皆さんの夢が何であるかを、把握することからスタートします。
「我が家は普通ですよ」などと言っている施主さんでも、よくよくお話を伺うと、皆さんとても個性的ですね。
空間に対する自分なりの夢も、実は、ちゃんと持っています。
建築の設計は、施主の「個性探し」や「夢探し」でもあるんです。
その個性や夢を主張するのを諦めず、自分たちにとって何が本当に大事なのか、何が大事でないのか、私達と一緒に考えて行ければいいなと思っています。
ある意味、大事でない物を見極め、「諦める」事の方が、施主や建築にとって大切な事じゃないだろうか、とも思っています。
そのような、作業の中から選ばれた夢は本当の夢ですから、十分に大事にしたいですね。
でも多くの人は、その夢すらも最初から諦めていることがあるかもしれませんが、その夢を諦めないで下さい。
チョットした工夫で、夢が実現出来るかも知れません。
チャレンジしましょう。

-----------------------------------------------------------

Q30. 夢は大事にしたいですね。

A30.
どうせ無理だろうと遠慮していた施主が、建物が形になってから諦めきれずに、「実はこんな事がしたかった・・・」と言われた事もあります。
まだ間に合えばいいのですが、時既に遅く諦めなければいけないような場合は、本当に辛いですね。

私達は施主の個性を探し、夢を大きく膨らませ、世界で唯一の空間に具体化していくことが、建築であると考えています。
あくまでも主役は施主の夢であって、建築は、その夢を支える静かな背景であって欲しいと思っています。
そして、皆さんの夢が詰まった建築を、少しでも心地よい=あずましい空間にしたいと願っています。
建築とは楽しいものです。
その楽しさは、電子レンジでチンするような作業からは、決して生まれません。
私達は、施主と一緒にじっくりと夢を追いかけ、建築を考え、そして一緒に楽しみたいと思います。

電子レンジついでに、先日、タレントの所ジョージさんの対談記事を、読む機会がありました。
「電子レンジは便利だけど、枯れ葉をたくさん集めて、焚き火をして、その中にサツマイモを入れた方が、たとえ芯が固くても僕はその方がおいしいと思うんですよね。・・・・・電子レンジは簡単だけど、誰がやっても同じ・・・」
所さんは、面倒な方が楽しいと、いつも考えている様な方なんでしょうね。
だからいつも、楽しそうなんだと思います。
そのような、面倒を楽しむ心の余裕を、見習いたいですね。

-----------------------------------------------------------

Q31. さすがは所さんですね。
   話しは変わって、例えば平面を考える時は、どんな事を考えていますか?



A31.
平面を考える前に、敷地や、敷地周辺の地域のことを考えますね。
気候や風土、それに風景や景観などなど色々な所に目を光らせ、土地の持つ固有の個性や魅力を見つけ、建築のヒントになるようなものを探します。
その作業と平行して、配置をじっくり考えますね。
人間と同じで、全ての敷地に、個性があります。
心地よい所と、そうではない所が、必ずあります。
敷地内やその周辺に、既にある物を出来るだけ大事にし、活用するようにしています。
それを見つけ出し、どうしたらその敷地に建物が馴染むか、最適な配置と平面は何かを考えます。
例えば、リビングの窓を開けたら、隣の家がすぐそばに建っていたら、誰だって嫌ですよね。
でも、窓を開けたら、雄大な景色が見えたら、得した気分になりませんか?
そこまでいかなくても、隣の空き地の木々が見えたり、そこから太陽の光が差し込んだりしたり、探せば良い事が色々見つかるんですよ。
極端に言えば、敷地の個性と施主の個性を見つければ、建物の基本設計は半分以上終わったような物です。

それから、外構も同時に考えるようにしています。

-----------------------------------------------------------

Q32 平面の前に、色々考えることがあるんですね。

A32.
その地域、その敷地の気候風土や風景など、考える事は多々あります。
ハンバーガーなら、日本中どこに行っても、同じ味で構わないかもしれません。
しかし建築の場合は、大手ハウスメーカーのように、日本中どこでも同じような形、同じような仕様の建物を、無理矢理敷地にはめ込むと言うのは、どうかと思いますね。

それから、建築を考えるのは、このように、近隣の事と言うか、ローカルなことだけではありません。
同時に、グローバルにも目を向けるようにしています。
世界や日本の建築の流れ、それに、世の中の動きなどにも注目するようにしています。
こてから建てようとしている建築の向かっている先が、方向音痴だったら困りますものね。
でも、一見すると方向音痴と思えるような方位が、実は、これからの新しい方向性を暗示しているかもしれません。
それを見極める、確かな方向感覚は大事ですね。
ローカルとグローバルを同時に見る、複眼的な思考法が建築家として大事な態度だと思います。

施主から、「実は、ハウスメーカー(工務店)にも計画をお願いしていたんです。」と言われ、図面を見せられた事が何度かあります。
それを見てビックリしたのは、平面図だけで、配置図が無い事が非常に多いですね。
ひどい時は、その平面を敷地に落してみたら、敷地からはみ出していました。
他の事例では、敷地には一応入っているのですが、隣地境界からの離れが狭くて、法規的に成立していない事もありました。
全くもって、あきれた話で、同じ建築をやる人間として腹が立ちますし、恥ずかしい事です。
でも、配置図がいかに大事か、お分かりになったのではないでしょうか。

-----------------------------------------------------------

Q33 それは、あんまりですね。 配置は、大事なんですね。

A33.
配置は建物の基本ですから、本当に大事ですよ。
例えば、建築雑誌で、ユニークでしかも心地よい建築を、見つける事があると思います。
その多くは、敷地が非常に個性的であったり、どうしようもないくらい悪条件だったりします。
しかし、我々は、敷地の制約が多すぎるから、この程度の建築になりました等と、言い訳は出来ません。
どれだけ制約が大きくても、心地よい建築を考えなければなりません。
反対に言えば、制約があった方が、どこにもない、それでいて心地よい建築になる可能性が、有るのかもしれません。
勿論、制約の多い敷地に、ハウスメーカーの標準プランをはめ込もうとしても無理があるし、たとえ入ったとしても、無駄な所や嫌な所が必ず出てくるはずです。
敷地がいびつだったり、狭かったりしても、決して諦めないで下さい。
敷地が個性的なら、建物も個性的になります。
是非、我々に相談してみて下さい。

-----------------------------------------------------------

Q34 そうですね。 諦めないようにします。
   話しを戻して、それじゃあ、配置を考えてから平面を考えるんですか?


A34.
実際には、平面と配置は平行して考えます。
平面の中で、無駄な所を無くするのは勿論ですが、どこか楽しく心地よい空間が出来ないだろうかと、絶えず模索しています。
それから、平面を考えながら立面や断面や仕上げや構造など、様々な事を同時進行で考えています。

住宅を例にして、分かりやすいお話しをしましょうか。
例えば、廊下を無くして、家全体が一つの空間であるように考える事が多いですね。
部屋がそれぞれ廊下や壁で仕切られていたら、1+1は2にしかなりません。
ですが、チョットした工夫で、部屋と部屋を直接つなげることが出来れば、1+1は3にも4にもなります。
これに外部空間も足すと、1+1は無限大に膨らんでいきます。
廊下の分、部屋が広く感じられるし、部屋同士が一体になりますから、空間も格段に広がりを感じますね。
空間がある時は狭いままで、ある時は広く使えるようになれば、多様な空間の使い方が可能になり、楽しそうですね。
壁や建具も少なくなりますから、コストダウンにもなります。

反対の場合を考えてみれば、イメージし易いかもしれません。
細切れの部屋が廊下でつながっていて、しかも面積的にも小さな住宅であったらどうでしょう。
狭苦しくて、使いにくくて、しかもあまり楽しくない住宅になりそうだと思いませんか?

それから、部屋を区切りたい時は、引戸で緩く仕切れば便利ですね。
引戸は、開き戸と違って、開いている時も閉じている時も邪魔にならないので、違和感をあまり感じません。
それに、ドアがあんまり多いと、開け閉めするのが煩わしくなりませんか?


-----------------------------------------------------------

Q35. ワンルームだと、開放感があって楽しそうですね。

A35.
ワンルームは楽しいですよ。
しかし、どうでも部屋と部屋をくっつけて良い、という訳ではありません。
なんの配慮もしないで、居間から丸見えの所にトイレがあったら、誰でも嫌ですよね。
しかも、昔の作り方のままなら、冬は寒くてどうしようもありません。
1+1が0になってしまいます。
そんな事にならないように、基本的な性能を十分確保した上で、しかも心地よく楽しい空間になるように、頭を柔軟にして色々な事を考えています。
我々の設計した建物では、ホームパーティを何度もやっている例が、沢山あります。
人が集まるのは、1+1が3にも4にもなっている効果ではないでしょうか。
それから、住宅であれば家族の距離感が、非常に大事だなと思っています。

-----------------------------------------------------------

Q36. 距離感・・ですか?

A36.
そうです。
家族同士の距離感が、非常に近い場合もあれば、みんな「大人」で、ほとんど顔を合わせないような家族も、いると思います。
普段はバラバラなのに、家族としての一体感が非常に強い場合もあります。
色々ですね。
二世帯住宅の場合、スープの冷めない距離などと表現されているように、世代間の距離が話題になりますね。
一世帯の場合でも、もっと距離感というものを考えて良いと思いますよ。
玄関を入ったら目の前に階段があって、2階の子供部屋に直結しているような家の場合、その家族はどうなるでしょうか?
子供が家に帰っても、家族は全く気がつかない。
部屋に籠もったら中で何をやっているのか、お互いさっぱり分からず、食事の時だけ顔を合わせるような、そんな生活になりそうじゃありませんか?
そのうち、食事もそれぞれ勝手に摂るように、なるかも知れませんね。
それより、いつもお互いの気配が感じられるような空間の方が、家族同士のコミュニケーションも活発になり、楽しそうじゃありませんか。
風通しのよい家は、コミュニケーションの風通しも良いんですよ。

-----------------------------------------------------------

Q37. なるほど。 そう考えると、色々面白くなりますね。

A37.
余談ですが、子供部屋でいつも勉強する子よりも、家族のいる居間や食堂で勉強する子の方が、学校の成績が良いというデーターがあるそうですね。
今現在、家族同士の距離感が遠くても、折角住まいを建てるのですから、これを機会に距離感がグッと近づけられたらいいなと思っています。
でも、全ての空間が、近い距離感になっている必要はありません。
書斎のように、一人の時間を大切にするような空間があってもいいですね。
その部屋から出た時に、グッと家族の距離感が近くなっていれば、それでいいと思いますよ。

-----------------------------------------------------------

Q38. 子供の成績が延びると聞けば、嬉しくなります。

A38.
距離感について、もう一つ別の角度から見てみましょうか。
最近多いのは、夫婦別寝ですね。
たとえ夫婦でも、ベッドをくっつけて寝るのはチョット・・・、と言うパターンは増えているらしいんですよ。
お互いに寝る時間がずれているとか、イビキや赤ちゃんの夜泣きで困っているとか、寝る前に本を読む習慣があるとか、色々な理由からそうなっているらしいですね。
この場合も、寝室を二つのコーナーに分けて、建具で仕切ったり、間に両方から使えるクローゼットを挟んだりとか、アイデア次第で様々な事が考えられます。
勿論、まるっきり別室にする事も考えられます。
最も、その場合は、夫婦別「室」と言うらしいですけどね。
つまり、距離感を詰めればいいと言う単純な話しではなく、色々な距離感が考えられると言う事です。
皆さんの、家族の距離感はどうですか?
距離感をもうチョット意識して、建築を考えてみませんか?

-----------------------------------------------------------

Q39. 住宅の問題は、家族の問題ですね。

A39.
まさにそうですね。
建築は、色々な問題と密接に連動しています。
単に形を作ればいいと言う、わけじゃありません。
ましてや、いくつかある平面から、どれか一つを選べばいいというような、そんな単純な話でもないはずです。
住宅であれば、施主の趣味や嗜好も、空間に大きな影響を与えます。
医療施設であれば、そこで行われている医療行為や療養行為を知ることで、もっと心地よい空間を提案することが出来ます。
事務所であれば、その事業内容や組織形態、それにCI(コーポレートアイデンティティ)にまで踏み込んでくことで、新たな展開が見えてきます。
物販施設であれば、建物が目について印象に残らなければなりませんし、それが商品のイメージにつながる事が大事になると思います。
どうですか? 建築以前の事が、とっても大事なんですよ。

-----------------------------------------------------------

Q04. 本当ですね。 建築って、とても幅が広いし、大事ですね。

A40
そうですね。
同じ施主・同じ敷地は一つもないのと同じように、同じ建物は一つもありません。
全てオリジナルです。
世界にたった一つの建築を、施主と一緒に創る作業は、とっても楽しいものです。
ハウスメーカーのように、カタログの中から平面や仕上げを選ぶという作業は、数字的にはもの凄い数の組合せがありますが、はたしてそれで良いのでしょうか。
私にはどうしても、電子レンジでチンするのと同じような作業に見えてしまうのですが。
食事なら、時にはチンしても構わないでしょう。
しかし、建築は、施主にとって一生を左右する、とっても大事な買物です。
もっとじっくり考え、もっともっと楽しんで良いのではないでしょうか。

-----------------------------------------------------------

Q41. はい、分かりました。
   話しは変わりますが、アラハバキってなんですか?


A41. 
昔、北東北を中心に大きく栄えていたと言われる、国の名前です。
部族の名前や神の名前としても、使われていたようです。
その最後の姿が、十三港の安藤水軍だと言われていますが、詳しいことはよく分かっていません。
津軽も当研究所も、この国のように栄えて欲しいとの思いから、名前を拝借しました。
それから、研究所としたのは、建築の設計をするだけではなく、建築という物を絶えず研究し、レベルアップしたいとの思いがあるからです。

-----------------------------------------------------------

Q42. ほう・・・。  先日3.11東日本大震災がありました。

A42. 
急に話が変わりましたね。
私自身、津波の心配がありそうな所に、建物を計画した事がないのでピンとこないのですが、あの津波の威力は桁違いですね。
津波に限らない事ですが、自然の前では、人間は小さい存在なんだと言う事が、改めて分かりました。
もし、海に近い建物を考える機会があったら、果たしてどのようにしたら良いのか、相当悩むでしょうね。
建築が、津波に対して無傷と言うのは、もはや考えられません。
たとえ、構造体をガッチリ造ったとしても、建具はひとたまりもありません。
何か、人間の命を守る別な方法を、もっと総合的な視点から、考えなければいけないと思います。
建てる場所であるとか、人工地盤の様な物を造ってその上に建物を建てるとか、或いは近隣の高台への避難方法を考えるとか、建物の一部でも高くして避難できるようにするとか、、、。
津波を想定して、想像力を多いに働かせる事だと思います。
それから、津波対策の何かを造るにしても、普段から有効活用できるようにしたいですね。
それがある事で、日常の生活にプラスになるとか、街の賑わいに寄与すると嬉しいですね。
そうでもしないと、結局は「それが街の賑わいを阻害しているから」と邪魔者扱いされたり、物置き状態になり、いざと言う時、使い物にならないと思います。

それと、「フクシマ」ですよね。

-----------------------------------------------------------

Q43. そうなんですよ。
   これから、どうなるんでしょうね。


A43. 
どうやら、千年に一度、あのような規模の津波があったらしいと言う事が、分かってきました。
にもかかわらず、その事実には目を閉じ、対策を怠ってきた。
たった一度でも原発が被災したら、取り返しのつかない事になるのは明らかなのですから、一般の建物とは比較にならないような高いレベルで、対策を講じなければ行けないのは、当たり前の話です。
所が実際には、津波など考えられないアメリカ内陸部の原発を、そのままコピーして建てたらしいですから、馬鹿としか言いようがない。
あきれて、開いた口が塞がらない。

それから、これまで日本での電気の使い方は、一種の「バブル」だった様な気がしています。
某大都市の商業施設では、入口ドアを開けたままエアコンをかけているし、熱負荷がどう考えても大きい総ガラス張りの建物が多すぎます。
電力の供給が逼迫している時、スーパーなどで照明を半分程度に減らしている所が多かったのですが、それでも多すぎる気がしています。
それから、JIS規格や照明学会等で部屋の用途別に照度の基準を作っていますが、これがやたらに明るい。
照明器具を売りたいが為に、メーカーの圧力が、基準作りに影響を及ぼしているとしか思えない。

民間建築であれば、基準に関わらず、実際にどの位必要かで照明の量を判断します。
ところが役所の場合は、基準が一つの絶対的な根拠になりますから、その基準通りに造る事が多い。
この基準を、「適正」な内容に改正するだけで、エネルギー消費量は大きく変わる様な気がしています。

愚痴っぽくなりましたが、当方では当初から自然の光と風を大事にしてきましたし、エネルギーロスの少ない、高い断熱性と気密性とを兼ね備えた建物を、絶えず目指しています。
その方向性は間違えていませんので、今後さらに、その考えを発展させて行きたいですね。

-----------------------------------------------------------

Q44. エネルギーと言えば、暖房は何が良いんでしょうね?

A44. 
しばらくの間は、厳しい電力事情が続くでしょうから、今後は何がベターなのか,しばらくは先が見えないと思います。
深夜電力の利用促進が、これまで盛んに言われてきました。
これは、原発が電力需要に合わせた出力の加減を調整するのが難しく、夜間でもフル稼働しなければ行けない事から、余った深夜電力をどんどん使って下さいと、言ってきた訳ですよね。
ですが、脱原発と言う事になると、果たして深夜電力と言うシステムそのものが存続するのか、あやしいですね。

-----------------------------------------------------------

Q45. 本当に、先が読めないですよね。

A45.
原発問題は別にして、これまでも、ずっと悩んでいました。
明確に、これしかないと言えるような物はありませんので、建物の使い勝手や使う人の好みなどの条件に合わせ、これまで色々な方法を試して来ました。

熱源としては、灯油や電気、それにガスもあります。
方式としては、床暖房や、パネルヒーター・FF式ストーブ・ファンコイルユニット・蓄熱型電気暖房(いわゆるオール電化)などの一般的な暖房方式の他に、床下暖房もやってみました。
床下暖房とは、床下に熱源を置いて建物全体を暖める方式で、床下にFF式ストーブを置いたり、石油熱源の床下放熱器や蓄熱型電気暖房機も採用したことがあります。
適材適所で、それらを組み合わせることも多いです。
それぞれの方式に、長所と短所がありますから、その建物に合わせ、最適な暖房方式を選択した方が良いと思います。
そして、その能力を最大限に発揮出来るように工夫することで、快適な冬の生活を送ることが出来ると思います。

それと、深夜電力を利用した氷(冬はお湯)蓄熱方式のエアコンで、冷暖房したこともあります。
この方式も、ランニングコストが安いので、いいですね。
現在検討中のものは、エコキュートで暖房もしてみようかと考えています。
エコキュートとは、CO2を冷媒としたヒートポンプを深夜電力で稼働させ、給湯しようと言う物です。
普通のヒートポンプは代替フロンを冷媒にして行うのですが、これは冷房に効果的な方法ですね。
CO2を冷媒にした場合は、暖めるのに力を発揮する方法で、しかも代替フロンの3倍も効率がいいらしいですね。
ただ、給湯には威力を発揮しますが、暖房についてはまだまだ開発途上の方式なので、悩むところです。

それから、薪ストーブやペレットストーブもやった事があります。
家の中に火のある生活というのは、核となる物が出来ているような気がしますし、見ていていつまでも飽きません。
料理にも使えますし、ゴミとなる紙や、施工で余った木材も燃料になります。
火の面倒も見るのは確かに大変ですが、その大変さが楽しいですし、その大変さを楽しむ気持ちの余裕が欲しいですね。

-----------------------------------------------------------

Q46. 色々やっているんですね。

A46.
青森県は寒冷地ですから、暖房については十分に検討しなければいけませんね。
勘違いしやすいのですが、暖房で暖かくすると言うよりも、建物の中の寒い所を無くする事が、快適に過ごすポイントだと思っています。
どんなに断熱性能の良い窓を使っても、窓は窓ですから、どうしても寒さを感じます。
その寒い所を集中的に暖かくする事で、建物全体を快適にする事が出来ます。
一番寒いのは、窓廻りです。
窓から下りてくる冷気をコールドドラフトといいますが、それを打ち消すように暖房器具を配置すれば最適です。
なおかつ、暖房器具が邪魔にならないようにレイアウトするのが、いつも悩む所ですね。

それから、もう一つ勘違いしやすい事があります。
○○の暖房は暖かいという話をよく聞きますが、それは暖房と言うより、建物そのものが暖かい、つまり断熱性がよいと思って頂いた方がよいかと思います。
そうでなければ、暖房が過剰な場合ですね。

-----------------------------------------------------------

Q47. 成る程。 分かる気がします。
   建物の断熱性能は大事ですよね?


A47. 
リフォームしてみると解るのですが、ほんの数年前の建物であっても、壁をはがすと隙間だらけの断熱施工である事がよくありますね。
そういう所はやはり、壁の中でカビが生えていたりします。
怖いですよ。

次世代型省エネルギー基準という、現在最高レベルの省エネ基準がありますが、当事務所では基本的にそれ以上のレベルで、断熱材の厚さ(基準の1.3~1.5倍)や気密性・開口部の仕様などを決めています。
ちなみに次世代省エネルギー基準は、品確法の等級4(最高レベル)に該当します。
それから、木造・鉄骨構造であれば、断熱材としては発泡プラスチック系断熱材を、工法としては外断熱にする事が多いですネ。

-----------------------------------------------------------

Q48. 外断熱ですか?

A48. 
繊維系の断熱材は、つぶせばその分、断熱性能が落ちてしまいます。
大工さんが、断熱材を施工している時は、割とキチンとした状態の事が多いですね。
しかし、その後に施工される電気の配線や設備の配管等の時に、断熱材を潰したり寄せたりで、グチャグチャにしてしまう事があるので、欠陥が出やすい工法だと思います。
ところが、発泡プラスチック系断熱材は、つぶそうと思ってもつぶせないので、そのような心配がありません。
それから、内断熱は木材と木材の間に断熱材を充填して行くのですが、施工の精度が悪ければ、木材と断熱材の間が全て断熱や結露の欠陥になりかねません。
施工の精度がしっかりしていても、木材は経年的に乾燥収縮しますから、結局は隙間が空いてしまいます。
分かりにくいかもしれませんが、柱や梁や間柱それに筋交い等の両脇が、全て欠陥になりうると言う事です。
しかし、外断熱であれば、そのようなリスクは格段に減りますね。

-----------------------------------------------------------

Q49. 外断熱は良い所だらけじゃないですか。

A49. 
正直な所、発砲プラスチック系断熱材であっても、施工精度が悪ければやはり隙間になります。
しかし、我々は、断熱材を何かで覆う前に、必ずチェックします。
隙間があれば、ウレタン吹付け等で充填するようにしています。
それから、断熱材のジョイント部分は必ず柱や間柱がありますので、もし仮に断熱材に隙間があっても、木材がカバーしてくれます。

外断熱のメリットがもう一つありますね。
気密性能の確保も、簡単に出来ます。
壁から伝わって出て行く熱は、断熱材でカバーできます。
しかし、細かな隙間から、すきま風となって空気と一緒に逃げて行く熱も、馬鹿に出来ません。
気密性を上げて、隙間風を無くする事でぐっと快適性は上がります。

-----------------------------------------------------------

Q50. やはり外断熱は、色々メリットがあるんですね。

A50.
そうですね。 壁の中は基本的にカラッポになりますから、内壁を貼らず構造を完全に現す事も出来ます。
例えば、自由ヶ丘の家 大清水のアトリエ 光城の家 等です。 
その他、千年の家などでは、部分的に壁構造を現しにしています。
HPを覗いてみてください。

余談ですが、うれしい話を耳にしました。
住宅を建てると、役所から担当者が調査に来て、固定資産税評価額をという物を決めます。
評価額は、建物の面積や仕上等に左右されるらしいのですが、壁や天井を構造現しとした場合は、その部分の内装仕上げはありません。
そうすると、不動産としての評価額が、低く判定されるらしいですね。
つまりは、税金が安くなるという事です。
どのくらい安くなるか解りませんが、お得ですよね。

-----------------------------------------------------------

Q51. 壁の作り方も、色々あるんですね。

A51. 
そうですね、基本的な柱の大きさは105mm角ですが、この105mmの奥行きを大事にしたいですね。
構造現しにすれば、その105mmをそのまま空間として利用できます。
そこまでやらなくても、壁の空洞部分を収納として利用したり、間柱の奥行きを薄くする事で部分的に部屋を広げたりする事も出来ます。

トイレなどは、同じ半間巾でも、随分広くなったように感じられます。
柱心が半間巾の部屋を、普通に造れば有効内法巾は780mmになります。
しかし、間柱を45mmにして外側に寄せれば、有効内法巾は900mmになります。
120mmも広くなるんですよ。
納まりや構造に問題のない所の壁を薄くする事で、随分空間がゆったりと感じられるようになります。

それから、外断熱であればその分壁が厚くなるので、必然的に窓の奥行きも深くなります。
外から見ればフラットでも、内側から見れば出窓のように、彫りの深い表情になります。
出窓であれば、何かを置いて飾り付けをする等、色々な活用法が浮かんできますよね。
ロールブラインドなども、壁の厚みの中で納まってしまうので、邪魔にならないし、非常にスッキリした感じになります。
勿論、外壁だけではなく、間仕切り壁も同じように、壁の厚みというものを利用出来ます。
アイデア次第ですね。

世の中には様々な断熱材・様々な施工方法があります。
どのような方法であっても、精度よくキチンと施工すれば、一定レベルの断熱性能が出て、快適な内部環境を確保できます。
反対に、いい加減にやると寒いし、結露を起こして大変なことになります。
勿論、我々も監理者として施工がキチンと行われているかを、確認していますので安心して下さい。
それから、構造やデザインによっても、考え方は左右されます。
いずれにしても、それぞれの方法に長所と短所がありますから、それらを十分理解した上でやり方を選択した方が良いと思います。

-----------------------------------------------------------

Q52. 断熱だけでも、色々考えなければ行けない所があるんですね。
   建具はどう考えています?


A52.
断熱と言う事で考えると、どんどん性能の良い建具が出てきていますよね。
次世代型省エネ基準で推奨されている物の中から、どの種類の建具を選択するか、考える必要があると思います。
基本的に、耐候性のあるアルミと、断熱性のある樹脂の複合されたサッシを使用しています。
ガラスは、Low-eという熱線を反射させる金属膜を溶着した、特殊なペアガラスで考えています。
これは、金属膜が熱線を反射させる事で、一般もペアガラスより、高い断熱性能を発揮してくれます。

ただ、いくら断熱性能の良い建具を使用しても、建具はやっぱり建具です。
考えてみて下さい。
ペアガラスと言っても、ガラスは、たったの2層しかありません。
つまり、断熱材も入っていない外壁と、同じ程度なんですよ。
性能の良い建具だから大丈夫だと勘違いして、建具を沢山付けたら、昔の断熱材の入っていない建物と同じになってしまいます。
気持ちよく大きくしたい所は大きくし、それ以外の所には、無駄な窓は設けず、設けたとしても無駄に大きくしない事です。
しかし、窓は中と外をつなぐ大事な要素です。
通風や採光はどこでも欲しいですし、眺めのよいロケーションの場合は、どうしても大きな建具が欲しくなります。
その見極めは、しっかり判断しなければなりません。
難しい所です。

但、我々は、大きな窓と断熱性の両方を求めて、様々な工夫をしています。
例えば、気持ちよく、大きな嵌殺し窓を設ける事があります。
その時は、特殊構造のサーモスクリーンを使用しています。
これは、ロールスクリーンと同じような使い方なのですが、ハーモニカのような構造になっているので、三層構造になっているので断熱性は高いです。
しかも、左右にガイドレールがついているので、両脇に隙間が出来ない優れものです。

それから、大きな採光窓が欲しい時は、最大で6層ある、ポリカーボネートの複層板(ハーモニカをもっと複雑にしたような形状)を使ったりします。
この要な工夫をすれば、冬の居住性は、大きく改善されますね。

それから、玄関を風除室のように考え二重建具とし、そこから中に入れば、熱的にはワンルームのような空間にする事が多いのですが、その場合、玄関と室内の間が重要になりますね。
玄関は基本的に寒い空間と考え、玄関と室内の壁を断熱したり、建具の断熱性能や気密性能を上げるようにしています。
そのような様々な配慮をすることで、内部は熱的にきわめて快適な環境になります。

-----------------------------------------------------------

Q53. 奥が深いですね。
   ただ暖かくすると言っても、色々あるんですね。


A53.
そうですね。分かりやすい例を紹介しましょうか。
例えば、自動車の中の温度を、25℃に設定したとしますよね。
同じ25℃でも、冬であればオーバーを着ているのに、夏であれば半袖のまま、なんてことありませんか?
同じ室温でも、壁や窓が冷たいかどうかで、これだけ違うんですよ。
それに、暖房する時は足元から温風を出した方が、気持ちよくないですか。
冷房であれば、反対ですね。
まさに頭寒足熱です。

断熱性能が高いと、無駄に室温を高くする必要がなくなるし、場所毎の温度差も減ります。
つまり、少ないエネルギーで建物全体を暖房する事が、可能になります。
そうすると、寒い部屋はなくなりますので、部屋毎に空間を仕切る必要がありません。
廊下やトイレ、それにお風呂もいつだって温かいんです。
つまり、建築をもっと大きく、自由に考える事が出来るんですよ。
技術の裏付けがあって初めて、空間をデザインする事が出来るのです。
どうですか? そう考えると可能性はどんどん広がって、楽しくなりそうですよね。

-----------------------------------------------------------

Q54. 本当ですね。 そう考えると建築の可能性が広がって、楽しくなりますよね。 

A54.
空間を仕切らないと、他にもメリットがあるんですよ。
建物全体を大きくとらえて、空気が自然に循環するようにしておくと、湿気や臭いが、どこかに籠もると言う事も無くなります。
光りだって同じです。

ある人は、「子供を一人だけ仲間はずれにすると、ぐれるでしょ? 空間も一ヶ所だけ仲間はずれにすると、ぐれるんですよ」と言っています。
面白い表現ですよね。

-----------------------------------------------------------

Q55. 確かに面白い表現ですね。
   所で、ソーラーシステムはどう考えていますか?


A55.
うーん・・・。 狭い意味でのソーラーシステムは、積雪地では難しいですね。
ソーラーシステムは、大きく分けると3種類あります。
一つは、ソーラー発電です。
一つは、屋根(壁の場合もありますが)に、太陽熱利用の給湯器を置くタイプです。
もう一つは、屋根面で暖められた空気を、暖房に利用するタイプですね。
どれも、南向きの屋根に当たる太陽熱を利用しているんですが、冬に雪が積もっていたら機能しません。
ですから、屋根を急勾配にし、雪を自然に落とす事になると思うのですが、殆どの場合は居間の目の前に雪の山が出来る事になります。
例えば、南側が水路になっていて、いくらでも雪を落とせるような場合ならば良いのですが、そのような条件の敷地は殆どありません。
でも、太陽の恵みである光や暖かさは、いつでも意識して計画しています。
太陽は一番の暖房だし、一番の照明だと思っています。

それから、ソーラーで造られた電気が余った場合、売電と言って電力会社に売るシステムがあります。
これからは、脱原発に大きく舵を切らざるを得ません。
ソーラーシステムにも、当然注目が集まります。
需要が増えれば、製品価格は下がり、政策として売電価格が上がるでしょうから、状況は大きく変わるでしょうね。
早く、その状況になる事を期待したいですね。

フクシマの前の段階で、既に補助金は出ていますし、少しは売電価格も高くなりました。
48円/1KWですから、一般の電気の使用料金の倍くらいの料金で買ってくれるらしいですね。
計算上は、7年で元が取れるらしいと言う事と、メーカーが10年間の製品の保証をしてくれるとの事です。
これからさらに、劇的に変わるかもしれませんね。

それから、もう一つ。
太陽光発電は、あまり暖かくない地域の方が、発電量が多いらしいですよ。
雪が降らなくて寒い地域は、最高なんだそうです。
意外ですよね。

-----------------------------------------------------------
[Q&A]の続きを読む
スポンサーサイト
  1. 1993/06/01(火) 01:00:00|
  2. Q&A|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

アラハバキ建築研究所

  • Author:アラハバキ建築研究所
  • アラハバキ建築研究所のblogにようこそ!
  • RSS
10 | 2018/11 | 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Recent Entries

Category

Works

Search