FC2ブログ

Arahabaki Institute of Architecture




  アラハバキ建築研究所
   http://www.arahabaki.net  e-mail:arahabaki_k@ybb.ne.jp
      TEL:0172-89-1855               FAX:0172-89-1856   

小栗山の家 (改装)





   ■ 小栗山の家 (改装) ■


築41年の在来木造住宅のリフォームです.
この建物は、過去に2度リフォームしています.
今回は、これまで手をつけていない箇所を中心に、リフォームしました.
元々奥行きが深く、建物の中央部分に太陽光の入らない暗い建物でしたので、2.25坪の減築をすることで暗さが解消されました.
減築した部分を通して、これまで利用されることのなかった西庭も、積極的に活用できるようになりました.
施主は、これを機会にエラール社のグランドピアノを購入し、趣味のピアノに没頭しています.


小栗山外部-1
玄関です.
庇の無いノッペリとした表情でしたので、菱葺の庇を付け、玄関らしくしました.
玄関前の雨よけ空間にもなります.


小栗山外部-2
和室を正面から見たところです.
障子は既存のものを再利用しています.
元々は、障子と同じように上下に分かれたサッシだったのですが、欄間まで一体化することでスッキリした形となりました.
勿論、断熱性と気密性も大幅にアップしています.


小栗山外部-3
西庭から見たところです.
左がピアノ室で、右が2.25坪の減築を行ったところです.
中庭と名付けた減築部分は、寝室に光と風を届けます.
左に、今回植樹したヤマボウシが見えます.
根元には、シバザクラを植えました.


小栗山外部-4
中庭を挟んで、左がピアノ室、右が納戸です.
中庭に籐の椅子を置き、ゆったりとした時間を過ごしています.
西庭と中庭には、2色の平板を市松に敷いています.


小栗山外部-5
同じく中庭を中心に見たところです.


小栗山外部-6
西庭は、杉の板塀で囲いました.


小栗山内部-1
和室から見た寝室です.
左に中庭が見えます.
左の両開き戸の中には、仏壇が入っています.


小栗山内部-2
寝室を正面から見たところです.
正面の幅広の引戸は、廊下を挟んでトイレに直結しています.
床のサクラフローリングに合わせ、壁の一面をピンク色にしました.


小栗山内部-3
寝室のこの面には、鏡台と、2台のベットが入ります.
ベットからは、まっすぐ中庭を眺めることができます.
欄間のガラスは、暗くなりがちな廊下に、光を届けるためのものです.


小栗山内部-4
寝室です.
4枚の引戸を開ければ、和室と一体化します.


小栗山内部-5
寝室から見た和室です.
障子は、既存のものを再利用しています.


小栗山内部-6
ピアノ室から、中庭方面を眺めたところです.
壁の一面を落ち着いた紺色にしました.


小栗山内部-7
グランドピアノが入った状態のピアノ室です.
床は、ピアノに合わせリングアと呼ばれるフローリングです.


小栗山内部-8
エロール社のピアノは、木目が綺麗で、優しい音色を奏でます.


小栗山内部-9
ピアノ室のドアの内部には、遮音シートを貼り、気密パッキンを二重に廻しました.
壁や天井にも遮音シートを貼り、石膏ボードを二重に貼ることで、遮音性能を確保しています.


小栗山内部-10
ピアノ室の天井です.
出来るだけ大きな気積を確保しました.
古い梁と新しい梁が混在しています.
天井は、吸音性を考慮して岩綿吸音板を貼っています.


小栗山内部-11
納戸です.
収納力を高めるため、天井を出来るだけ高くしました.


小栗山内部-12
2階は、簡単なリフォームにとどめました.
8帖の和室と8帖の洋室を一体化し、壁と天井にグラスウールを充填しました.
既存の建具も、そのまま再利用しています.


小栗山内部-13
2階の、元々和室だった部分です.
襖にも、周囲の壁と同じ壁紙を貼ることで、部屋がスッキリし、広く感じられます.
2階の外部建具は既存のままですが、内側に樹脂サッシを取り付けました.
長年、カメムシの侵入に悩まされていましたが、これで解決しました.
勿論、断熱性能も大幅にアップしています.


小栗山夜景-1
和室を外から見た夜景です.
寝室まで見通せます.


小栗山夜景-2
中庭から寝室を見た夜景です.
濡れ縁のあるのが、分かると思います.


小栗山現況と計画
2.25坪の減築で、建物の中央部分まで光と風が入ります.


小栗山現況



所 在 地   弘前市小栗山
構造規模   木造2階建て
竣  工   2019年7月
施工会社   株式会社弘和建設


次の仕事 「山崎保育園」 へ


ここに掲載されている写真などの著作権はアラハバキ建築研究所にあります.
スポンサーサイト



  1. 2019/11/13(水) 17:48:14|
  2. 仕事・・・リフォーム(住宅)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント(-)

アラハバキ建築研究所

  • Author:アラハバキ建築研究所
  • アラハバキ建築研究所のblogにようこそ!
  • RSS
10 | 2019/11 | 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Recent Entries

Category

Works

Search