FC2ブログ

Arahabaki Institute of Architecture




  アラハバキ建築研究所
   http://www.arahabaki.net  e-mail:arahabaki_k@ybb.ne.jp
      TEL:0172-89-1855               FAX:0172-89-1856   

アラハバキ建築研究所公式BLOG





こんにちは  アラハバキ建築研究所  のホームページへ ようこそ


2018年 お待たせしました。
山崎保育園
小規模多機能ホーム城南山崎
ショートスティおうよう園山崎
外崎3丁目のガレージ
を追加しました。
覗いてみてください。


ホームページのアドレスをhttp://www.arahabaki.net/に変更しました.


2016年
ナーシングホーム野里と、
清原1丁目の家(改装)と、
野里のガレージと、
城南1丁目の家(改装)と、
桔梗野1丁目の家(改装)と、
ザ・クルーザーオフィス2013
古川の家を追加しました。
覗いてみて下さい。


プロジェクト の内容を増やしました。
覗いてみて下さい。



2013年
春日町の家が、2014年度版のカレンダーに採用されました。
覗いてみて下さい。


2012年
西ヶ丘の家 を追加しました。
覗いてみて下さい。


2012年
長坂町の家清水の家が、2013年度版のカレンダーに採用されました。
覗いてみて下さい。


2011年
コラムに 「水と環境」 を追加しました。
覗いてみて下さい。


大改造!! 劇的 ビフォーアフター

2010年
番組の制作会社から、「匠になってくれ」との依頼を受けて半年!
ついに、建物は完成し、2010年8月29日と9月28日にも放送もされました。
このホームページにも、 柏崎の美容院(大改造!!劇的ビフォーアフター) のタイトルで追加しています。覗いてみて下さい。
それから、「もう放送は終わったのか」と、ガッカリしている方は、当方に連絡を下さい。
DVDをお貸ししますよ。
それと、朝日放送の劇的ビフォーアフターのホームページでも、色々な事が紹介されています。


建築確認申請が、未だに停滞しています。
検査機関による「審査」も、首を傾げたくなる物が多すぎます。
それだけならまだしも、施工段階で変更したいと思っても、一つ一つ審査機関に問い合わせなければなりませんし、場合によっては工事をストップして再審査と言うこともあり得ます。
我々は、現在関わっている建築を、よりよい物にしようと絶えず努力しています。
その方法を発見したのであるならば、その方向に変えたいと考えるのは、建築に関わる人間(施主や施工者も含め)にとって、あまりにも当たり前のことであり、本能だと思います。
しかし、その当たり前の事を、場合によっては諦めなければいけない状況にあるのですから、その建築にとって不幸なことだし、制度に欠陥があるとしか思えません。
こんな雑事に惑わされず、建築家本来の仕事に集中したいのですが、困ったものです。


Q&A の内容を充実させました。私たちの考え方をQ&A方式で書いています。

---------------------------------------------------------------------

  アラハバキ建築研究所のリーフレットをつくりました。
  希望される方は、ご連絡下さい。

---------------------------------------------------------------------

  下のリストをクリックして下さい。


仕 事 ・ ・ ・ 住 宅
仕 事 ・ ・ ・ 公 共 建 築
仕 事 ・ ・ ・ 医 療 ・ 福 祉 施 設 
仕 事 ・ ・ ・ リ フ ォ ー ム ( 住 宅 )
仕 事 ・ ・ ・ そ の 他

経 歴
仕 事 の 流 れ
プ ロ ジ ェ ク ト
Q & A 
受 賞 歴
掲 載 雑 誌
掲 載 新 聞
そ の 他 の 活 動 
コ ラ ム
リ ン ク 集
掲 示 板


  右のCategory及びWorksの欄をクリックしても、
  それぞれの記事にジャンプ出来ます。 

---------------------------------------------------------------------

■ アラハバキ建築研究所の「建築」に対する理念

建築は、皆さんの夢や希望が何であるかを把握することからスタートします.
人それぞれ、夢があり希望を持っています.
まさに十人十色です.
その夢や希望を大きく膨らませ、世界でたった一つの空間に具体化して行く事が、建築であると考えています.
あくまでも主役は人間であって、建築は主役を引き立てるための静かな背景です.

心地よい空間=背景に身を置く時、誰でも安らぎを感じると思います.
私達が考える心地よい空間は、空間性・視覚性は勿論ですが、空間を満たす光、肌に感じる空気の動きや温もり、音や臭いに湿度、さらには皆さんが主役となって行われる様々な「コト」も、大事な要素として考えています.
私達は、様々な要素を十分に吟味し、総合的に心地よい=あずましい空間をひとつひとつ丁寧に創り上げることを、いつも心掛けています.



---------------------------------------------------------------------

■ アラハバキ建築研究所 スタッフ


20041228153928.jpg
代 表
今  隆(こん たかし)
   e-mail arahabaki_k@ybb.ne.jp


20050104163403.jpg
スタッフ
今 淑子(こん よしこ)

---------------------------------------------------------------------


事務所案内図2012


    住 所  青森県弘前市大清水4丁目11-6
    メール  arahabaki_k@ybb.ne.jp
    TEL   0172-89-1855
    FAX   0172-89-1856
  

   ヤフー地図が便利な方は、こちらをクリックして下さい。 
---------------------------------------------------------------------

  次のページ 「経 歴」 へ


ここに掲載されている写真などの著作権はアラハバキ建築研究所にあります



スポンサーサイト
  1. 2020/10/01(木) 00:00:00|
  2. TOP|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

アラハバキ建築研究所

  • Author:アラハバキ建築研究所
  • アラハバキ建築研究所のblogにようこそ!
  • RSS
08 | 2018/09 | 10
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Recent Entries

Category

Works

Search